ダイエット中の外食メニュー、おすすめは?ダメなのは?

ダイエット中だから外食できないということはありませんし、外食しているからダイエットできないわけでもありません。

適切なメニューを選べば外食していてもダイエットはできます。

私もいつも気をつけている、ダイエット中の外食におすすめのメニュー(食材)と避けた方がいいメニュー(食材)を紹介します。



ダイエット中の外食におすすめのメニュー

ダイエット中にも気兼ねなく外食できるおすすめメニューを紹介します。

野菜

外食で野菜というとサラダを想像する人が多いでしょうけど、ヘルシーな野菜だけのサラダもドレッシングに脂肪や糖質がたっぷり含まれている場合があります。

ダイエット中に選ぶなら枝豆トマトきゅうりもやしなどをシンプルな味つけで食べられるメニューがおすすめです。

サラダもノンオイルドレッシングや自分でかける量を調節できるならおすすめできます。

海藻・きのこ類

海藻やきのこ類には食物繊維が豊富でコレステロールを下げる効果があります。

海藻はサラダや酢の物、きのこならオリーブオイルなどヘルシーな油を使ったソテーアヒージョがおすすめです。

ちなみにエリンギはからあげがもっともおいしいと、エリンギ農家さんに教わったという人から教えてもらいました。

我が家では鶏もも肉とエリンギを一緒にからあげにして食べています。

脂質の多いもも肉の量をおさえられてボリューム的にはかさましにもなり、おまけにジューシーでおいしいという一石三鳥を楽しんでいます。

脱線してしまいましたが……

おいしいのに外食でエリンギのからあげを食べたことがないので、このページを見た飲食店が出してくれるようになるといいのにな~と淡い期待を抱いています。

ご自宅でも是非おためしください。

肉・魚・卵

ダイエット中の外食では、お刺身焼魚焼鳥ヒレなど脂肪の少ない部位のステーキや焼肉が高たんぱく&低カロリーなおすすめメニューです。

焼鳥はタレでなく塩など、野菜と同じくシンプルな味つけで食べましょう。

卵は白身がたんぱく質ですので、全卵を使っただし巻き温泉卵・バターや油を使っていないオムレツを選ぶといいでしょう。

発酵食品

漬物をはじめとした発酵食品には腸内環境を整える乳酸菌が豊富なものが多いです。

腸内環境が整うと消化・吸収がよくなりお通じの改善にもつながります。

中でもキムチは他の漬物の3倍も乳酸菌が含まれているとのことですから、便秘になりがちなダイエット中こそ積極的に食べたいおすすめメニューといえますね。

ダイエット中の外食で避けたいメニュー(食材)

おすすめメニューがヘルシーなものと考えるとわかりやすいのに対してわかりづらいのがダイエット中の外食では避けたいメニュー(食材)です。

野菜

おすすめメニューでも挙げましたが、ダイエット中には避けた方がいい野菜もあります。

それは、じゃがいもさつまいもなどのいも類ごぼうかぼちゃとうもろこしそら豆です。

これらは野菜の中でも特に糖質が多いものなので、ダイエット中の外食ではできるだけ避けた方がいいでしょう。

おすすめメニューで挙げたトマトも、甘みの強いプチトマトは糖質が多いです。

こちらも気をつけて選びましょう。

肉の脂身

バラ肉など牛・豚・鶏の脂身には中性脂肪やコレステロールになる成分が多いです。

外食で脂身の多い肉を食べるときは、網焼きやしゃぶしゃぶなどできるだけ脂身を取り除けるメニューを選びましょう。

乳製品

バター生クリームにも中性脂肪やコレステロールになる成分が多いです。

バターの香ばしさやとろりと濃厚な生クリームは魅力的ですが、食べたあとに後悔したくないダイエット中の外食では避けましょう。

丼、麺類

ごはんは炭水化物なので糖質が多いことはよく知っていますよね。

ダイエット中に外食する際、定食などのごはんの量を少なめにしてもらう人は多いでしょうけど量が調節できないことも多い丼ものは同じ一人前でも定食のお茶碗によそわれた量の2倍近くあることもあります。

少なめにしてもらうことができる・ごはんを残すことに抵抗がないというなら選んでもいいでしょうけど、そうでないなら丼ものは避けた方が無難なメニューです。

ラーメンうどんなどの小麦粉が原料の麺類も糖質が多い上にのどごしがよくつるつる入って食べすぎてしまうため、ダイエット中の外食では避けた方がいいでしょう。

ただし、そばだけは糖質が少ないため例外です。

甘い味つけのもの

甘いものというとスイーツを想像しがちですが、煮物照り焼きなど甘みやテリの強いメニューには砂糖やみりんがたくさん使われています。

飲み物も、最初から甘い味のついているものはどれくらい砂糖が入っているかわかりません。

ダイエット中には無糖で楽しめるものや自分で調節できるものを選びましょう。

ソースやケチャップ味のもの

ソースケチャップにもたくさんの糖質が含まれています。

野菜や果物が豊富に使われていて栄養価は高いですが、ダイエット中の外食では食べすぎ(かけすぎ)に注意しましょう。

とろみのあるもの

あんかけなど片栗粉でとろみをつけたメニューは一見ヘルシーなものが多いですが、とろみも立派な糖質です。

ダイエット中の外食では極力避けた方がいいでしょう。

ダイエット中の外食メニューまとめ

おすすめメニューをまとめたら居酒屋で出されるものが多いことに気づきました。

これだけでダイエット中に外食するなら居酒屋がいいと結論づけられるわけではありませんが、覚えておけばダイエット中も安心して外食できますね。

お酒を飲むのが好きな人にはうれしい情報でしょう。

今回おすすめと避けた方がいいものとを分けて紹介しましたが、これを食べなければダイエットできないとか外食ではこれらを絶対に食べちゃいけないということではありません。

避けたいメニューをどうしても食べたいときは食べましょう。

ただし、ダイエット中なら食べたあとその分をどうやってリカバリするか?考えてから食べましょう。

忘年会や新年会などのお付き合いでどうしても外食を断れない場合はあらかじめ太らないように予防法を行うのも賢いやり方だと思います。